赤ちゃん 黄疸

赤ちゃんの黄疸の理由

黄疸というのは、赤血球が分解されたあとの物質、ビリルビンが増加することで起こります。新生児期には赤血球がたくさんあり、赤黒く見えることから赤ちゃんといわれます。胎児期には赤血球が破壊されることでビリルビンがたくさん作られ、新生児期はビリルビンを処理する働きがまだ不十分なことから、黄疸が出てきます。赤ちゃんが黄疸になる理由は、ビリルビンが過剰に産生されることに対して、肝臓のビリルビン処理機能が劣っているからです。また、胆汁の排泄障害などもその理由とされます。病的黄疸の場合は、生理的黄疸とは違い、生後24時間以内に黄疸が出たり、強い黄疸の症状が出たり、黄疸以外の症状を伴ったり、1ヶ月以上黄疸が消失しないなどが起こります。血中のビリルビンが異常に増加すると、高ビリルビン血症になります。これは、黄疸の危険な合併症される核黄疸の原因になるので注意しなければなりません。核黄疸は、ビリルビンにより脳神経細胞が侵される病で、死を免れたとしても、脳性麻痺を残す危険性があることから、予防をしっかりとする必要があります。


アメリカの治安機密

赤ちゃんの黄疸の理由

Copyright (C) 2009 赤ちゃんのかゆみを止める方法模索中※ぐっすり寝ない赤ちゃん All Rights Reserved.

赤ちゃんの黄疸の理由