赤ちゃん 脱水

赤ちゃんが脱水に注意しましょう

赤ちゃんは大人と違って体重に占める水分の割合が大きいので、真夏の炎天下の強い直射日光にさらされたり、蒸し暑い場所に長時間いると、熱射病を起こしやすくなります。熱中症にも要注意です。暑さが激しいと、体温コントロールができなくなって、体温が上昇するからです。

 

夏場の暑い時期は、赤ちゃんには水分補給をまめに行うことを忘れてはいけません。
そして、寝起きの後は相当な汗が出ているので、しっかり水分を補給してあげることです。

 

夏場の暑い時期は、部屋にいるだけでも水分不足になりがちで、入浴後やドライブ中も水分不足になりがちなので、必ず水分補給はまめにすることです。特に車の中は想像以上に温度が高くなるので、数分間でも車の中に赤ちゃんを放置すると危険です。赤ちゃんが脱水症状になると、唇が乾いて皮膚がかさかさになります。そして泣き声が弱々しくなって、ぐったりしてきます。その段階ですぐに対処するのがベストですが、次の段階では、おしっこの量や回数が減って、息遣いが苦しくなる症状が出てきます。嘔吐や下痢等の症状が出てくると危険な状態なので、すぐに小児科へ行くことです。

 


アメリカの治安機密

赤ちゃんの脱水に注意しましょう.。赤ちゃんは、思って以上に汗をかいていますので夏場は特に、ずいぶん補給を忘れずに。

Copyright (C) 2009 赤ちゃんのかゆみを止める方法模索中※ぐっすり寝ない赤ちゃん All Rights Reserved.

赤ちゃんの脱水に注意しましょう