赤ちゃんの痒み 睡眠

赤ちゃんの痒みと睡眠

赤ちゃんがアトピーでジュクジュク湿疹とガサガサ肌になると、強い痒みを伴うので、中々十分な睡眠をとることができなくなります。特に、背中や肩甲骨付近の湿疹は痒みも強く、布団に入って体が温まると自分でボリボリと掻いてしまいます。

 

手が届かないところなどは、掻いてくれと要求してきます。アトピーの赤ちゃんは、最初はひたすら泣くだけですが、段々と、どうして欲しいのか、という自覚と要求が出てきます。泣いてぐずぐず言っている赤ちゃんを見るのもつらいものですが、痒くて背中を指差す我が子を見るのもつらいものです。

アトピーの痒みは、大人でも我慢できないものです。
大人でも痒みがひどいときは一晩中眠れないものです。

 

暖かすぎる布団は、赤ちゃんのアトピーの痒みを誘発させるので、なるべく薄い布団、薄い下着を心がけることです。そして、首下に風が通るような枕を使って、体を冷やして痒みをできるだけ緩和させることです。夜間の水分摂取は皮疹の悪化になりやすいので、たくさん飲ませずに喉を潤す程度に控えることです。

 

睡眠の妨げは成長の妨げになるので、できるだけ赤ちゃんの痒みの対策を講じて、ぐっすりと快眠させてあげることです。

入浴剤とクリームで冬の乾燥を防ぐ

皮膚水分保持能を改善するライスパワーエキスNo.11を有効成分としたボディケアシリーズです。
赤ちゃんから年配の方まで幅広く愛用者がいます。

 

 

アトピスマイル クリーム

毎日のお手入れとして取り入れることで肌そのものが持つ水分保持能を改善し、バリア機能を高めてくれます。トラブル肌をすこやかな肌へと改善するためのクリームです。赤ちゃんもママも一緒に使えるクリームとなります。

 

 

アトピスマイル 薬用入浴液

有効成分ライスパワーエキスNo.1-Dの働きで体の芯まであたたまり、さらにトラブルをおこしやすい肌のキメを整えうるおいを持続します。しっとりとなめらかに保ちます。

 

 

クリームと入浴剤をつかい肌の保湿をしてみるのもいいですね。

 

 




アメリカの治安機密

赤ちゃんの痒みと睡眠は深く関係があります。特にアトピーだと痒くて泣き叫ぶことが多いのです。

Copyright (C) 2009 赤ちゃんのかゆみを止める方法模索中※ぐっすり寝ない赤ちゃん All Rights Reserved.

赤ちゃんの痒みと睡眠