赤ちゃんの痒み 乾燥

赤ちゃんの痒みと乾燥の関係

赤ちゃんにできる湿疹のことを乳児湿疹と言います。赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼んでいて、これには、カサカサするもの、ベタベタするもの、ジュクジュクするもの全て含みます。乳児湿疹は、まさしく赤ちゃんにできる湿疹で、このうち低月齢の脂分の分泌が多い場所に見られるものは、脂漏性湿疹と言います。

 

生後2〜3カ月ごろになると、乾燥による湿疹も増え、ガーゼなどでふきすぎると口の周りがカサついて赤くなる場合があります。低月齢の頃の湿疹は、アトピー性皮膚炎かどうか判断できないことがあります。赤ちゃんが乾燥で痒みを伴う時は、洗ったら必ず保湿をしてあげることです。

 

多くの赤ちゃんが、洗いすぎで乾燥し、敏感肌になって湿疹がでてしまっているからです。毎日石鹸で洗う必要は必ずしもないのです。ガーゼで洗うのは、肌がこすれてしまうので要注意です。石鹸で洗ったあとは、低刺激のベビー用ローションやクリームで保湿してあげるのを忘れないことです。洗いっぱなしの場合、肌がカサカサになります。乾燥が原因で肌トラブルを招くこともあるので、気をつけなければなりません。

 

大人気のスキンケアヒット商品から入浴剤がでた!

赤ちゃんの痒みと乾燥を防ぐもっとも簡単な方法が入浴剤です。
もちろん、一般的な入浴剤は保湿成分がお肌しっとり成分などが入っていますが、同時に良くない成分も入っています。
ですから、赤ちゃんに使用する入浴剤は無添加でアトピー肌でも使えるものが安全です。

 

 

アトピーを持つ女性のママが開発した肌潤糖は大人気のスキンケアです。
スキンケアでも入浴剤として使うことも出来ましたが、同シリーズから専用の入浴剤が発売されました。

 

アトピーで肌潤糖を使っているのでしたら、そちらで入浴させればいいんですが、

  • 赤ちゃんが痒がっているみたい
  • 夜中も昼間も泣く
  • グズグズしてしっかり眠らない
  • ジタバタあばれる

どうしていいのかわからないし、スキンケアしてもそんな状態が続くなら入浴剤を使ってみるといいかもしれません。
赤ちゃんが風邪をひいてしまうような気がして部屋を暖めていますが、必要以上に部屋が乾燥し痒みが出ている場合もあります。そんな場合だと保湿して肌が潤うことで赤ちゃんの痒みもなくなる場合もあります。

 

冬場は大人でもお風呂に入り痒くなることはありますから、赤ちゃんのように肌がデリケートだと乾燥しやすいのです。
入浴時に湯船に入れるだけなので一度試してみてもいいですよね。

 

 



 


アメリカの治安機密

赤ちゃんの痒みと乾燥は関係しています。乾燥する時期には注意が必要ですね。

Copyright (C) 2009 赤ちゃんのかゆみを止める方法模索中※ぐっすり寝ない赤ちゃん All Rights Reserved.

赤ちゃんの痒みと乾燥の関係